スポンサーサイト

  • 2009.04.05 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


藤山

日本橋区長谷川町(現在の中央区日本橋堀留町)に店を出していたモスリン問屋「近江屋」の5人兄弟の末っ子として生まれた。父は増永信三郎、母はゆう。一番上が長女の恒子、二番目が長男の正夫、つづいて次男の文夫、次女八千代、そして三男丈夫であった。父信三郎と姉八千代は丈夫を良く浅草に連れていった。この時、雑誌の物売りや粗悪品を売るテキ屋、アメ屋の売り子などの口上や売り文句を聴いていた。

のちに東華幼稚園に入園したが、その腕白ぶりから大塚の東京女子師範学校(現・お茶の水女子大学)付属幼稚園に1年で転入させられる。この時、お茶の水には作曲家・山田源一郎の甥である山田義男のもとに嫁いでいた姉の恒子が住んでいて、姉との関係で、当時山田源一郎が設立していた日本女子音楽学校(現・日本音楽学校)に毎日のように通い、山田に教えを受け音楽教養の基礎を身に付けた。

その後慶應義塾幼稚舎に入学。この時女子音楽学校に通っていたことにより、幼稚舎で教鞭をとっていた江沢清太郎の推薦で童謡歌手に選ばれており、『はんどん、何して遊ぼ』『春の野、山の祭り』『はねばし』などの童謡レコードを吹き込んでいる。また同じく慶應義塾普通部で教鞭をとっていた弘田龍太郎に師事、後に東音の1年生のとき『慶應幼稚舎の歌』『普通部の歌』を吹き込んだ。また、変声期の頃には歌を控えヴァイオリンを東音の大塚淳に師事した。幼稚舎時代の同級生に文学者の野口冨士男、代議士・山本条太郎の息子武太郎、画家の岡本太郎らがいる。なお、普通部卒業の時の成績は、52人中51番であった。最下位の52番は岡本太郎であった(1979年12月・日経新聞掲載「私の履歴書」より)。

慶應普通部在籍時の1927年(昭和2年)、慶應の応援歌『若き血』がつくられたとき、普通部に在学中の藤山(増永丈夫)が学生の歌唱指導をした時、慶應の講堂で中学生の藤山が歌い、普通部でも教室を回って指導したが、上級生でも歌えない者はしごいた。早慶戦では慶應が早稲田をやぶった。明治神宮野球場では『若き血』の合唱をしたが、直後普通部の5年生に呼び出され、後輩のくせにと、殴られたエピソードがあった。藤山は生前この話をよく嬉しそうに話していたという[要出典]。

音楽学校時代 [編集]

慶應義塾普通部卒業後上野の東京音楽学校(現・東京藝術大学)に入学。声楽を船橋栄吉、梁田貞、ヴーハーペーニッヒ、音楽理論・指揮法をクラウス・プリングスハイムに師事。バリトンの声楽家として嘱望された。同級生にはピアノに豊増昇、永井進、水谷達夫、声楽には長門美保らがいた。慶應普通部からきた増永丈夫の才能は群を抜いていた。しかし、生家モスリン問屋・近江屋が関東大震災(1923年(大正12年)の被害、昭和金融恐慌(1927年(昭和2年))による十五銀行の破産、昭和恐慌(1930年(昭和5年))の煽りをうけ倒産寸前に追い込まれ、当時の金で3万8千円の借金を背負う事となった。

この生家の借金返済の為、学校の規律に反して在学中にコロムビアから芸名・藤山一郎でレコードを吹き込んだ。最初、「厳頭の感」を残して日光の華厳の滝に身を投げた一高生に因んで藤村操という名前を考えたが、ゲンが悪いと言われ、友人「永藤秀雄」(上野のパン屋「永藤」の息子)の名前を逆にして「藤永」としたが、本名増永と「永」の字がかさなるので「永」を「山」に直した。「フジヤマ」なら日本一で行こうと、「一郎」と続けた。『北太平洋横断飛行マーチ』が歌手・藤山一郎のデビュー曲となる予定であったが、横断飛行がテスト飛行中に事故を起こして墜落したためにレコードはお蔵入りとなり発売中止となった。だが、古賀政男の『キャンプ小唄』でデビュー。その後も『下関小唄』『愛人よ、われに帰れ』『平右衛門』『函館行進曲』などを吹き込み、アルバイト料を稼ぎ生家の借財返済に役立てた。

作曲家古賀政男の一連のヒット曲と出会う事で一変し、『キャンプ小唄』『酒は涙か溜息か』『丘を越えて』『影を慕いて』が人気を呼んだ。声楽技術の正統な解釈によるクルーン唱法はリートのベルカントを大衆音楽に付し古賀メロディーの魅力を伝え、レジェロなテノールの音色は昭和モダンの青春を高らかに歌い上げたのである。しかし、これによって、藤山一郎という歌手が声楽本科に在籍する増永丈夫であることが学校当局に知られてしまい、学校の校則に反してレコードを吹込んでいたことが問題となり、1ヶ月の停学処分となる。(その1ヶ月は事実上音楽学校の冬休みの期間であり、同校期待の藤山の成績や定期演奏会での独唱を受け持つ事情、借財返済という吹込み理由などが考慮された。)

最終学年(1932年(昭和7年))のとき、東京音楽学校奏楽堂で上演された学校オペラ『デア・ヤーザーガーDer Jasager(「はい」と言う者)』(クルト・ワイル作曲)の主役(テナーの少年役)を好演し(東京音楽学校は「風紀」を理由に舞台上演のオペラを禁止していたが、この上演のみ例外で舞台上演された)、日比谷公会堂でクラウス・プリングスハイムの指揮でワーグナーのオペラ『ローエングリン』のソリストを務めている。ヴーハーペーニッヒ、マリアトールら外国人歌手と伍してのバリトン独唱は期待のホープとして注目された。

停学後、レコード吹込みを一切やめ学業に励んだ。この時、ビクターが毎月100円の支給をした。1933年(昭和8年)3月、卒業演奏ではレオンカヴァッロのオペラ『道化師』のアリアを独唱し、東京音楽学校始まって以来の声楽家になるのではないかと絶賛され、音楽学校を首席卒業した。同年ビクター専属となる。

姫路城

姫路城は、現在の姫路市街の北側にある姫山および鷺山に築かれた平山城である。日本における近世城郭の代表的な遺構である。

この歴史は中世に赤松氏が姫山に城を築いたことから始まる(異説もある)。戦国時代後期には羽柴秀吉が居城し、江戸時代には姫路藩の藩庁として最初は池田氏、のち本多氏や酒井氏などの譜代大名が入城した。明治時代には陸軍の兵営地となり、歩兵第十連隊が駐屯していた。この際に多くの建物が取り壊されたが、大小天守群、櫓群が当時の陸軍省の働きかけによって名古屋城とともに国費によって保存される処置がとられ[1]、太平洋戦争においては空襲に見舞われたものの焼失を免れた。

現在では天守を始め多くの建造物が現存し、うち大天守、小天守、渡櫓等8棟が国宝、74棟の各種建造物(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)が重要文化財に指定されている。また1993年(平成5年)、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。現存天守は、江戸時代以前に建造された天守が現存する日本国内12箇所の城の一つであり、いわゆる「国宝四城」(通例として、国宝指定の天守を持つ城のことを指し、姫路城・松本城・彦根城・犬山城をいう)の一つでもある。

江戸時代や戦国時代を舞台とした時代劇を始めとして映画などのロケが行われることも多く、しばしば江戸城など他の城の代わりとして撮影されている[7]。

名称の由来と別名 [編集]

姫路城天守の置かれている「姫山」は古名を「日女路(ひめじ)の丘」と称した。播磨国風土記にも「日女道丘(ひめじおか)」の名が見られる。姫山は桜が多く咲いたことから「桜木山」、転じて「鷺山(さぎやま)」とも言った[8]。天守のある丘が姫山、西の丸のある丘が鷺山とすることもある。

通称「白鷺城」の由来は以下のような説が挙げられている。
姫路城が「鷺山」に置かれているところから[8]。
白漆喰で塗られた城壁の美しさから。
ゴイサギなど白鷺と総称される鳥が多く住んでいたから。
黒い壁から「烏城」とも呼ばれる岡山城との対比から。

白鷺城は「はくろじょう」の他に「しらさぎじょう」とも読まれることがあり、村田英雄の歌曲に『白鷺(しらさぎ)の城』というものもあるが、日本の城郭の異称は音読みするのが普通である[8]。

他にも以下のような別名がある。
出世城
羽柴秀吉が居城し、その後の出世の拠点となったことから呼ばれる[9]。
不戦の城
築城されてから一度も(外敵との)戦闘を行なわなかったことから。

歴史・沿革 [編集]

姫路城の築城者は南北朝時代・1346年(南朝:正平元年、北朝:貞和2年)の赤松貞範とする説が有力であり、『姫路城史』や姫路市ではこの説を採っている。一方で赤松氏時代は砦と呼ぶべき小規模なもので、「城」と呼べる規模の構築物としては、16世紀に播州平野に割拠した小寺氏の被官である黒田重隆が築城したのが最初であるという異説もある[10]。

山陽道上の交通の要所・姫路に置かれた姫路城には黒田氏や羽柴秀吉(豊臣秀吉)が城主として入り、江戸時代には池田輝政によって今日見られる天守等が築かれた。輝政およびその子・孫以降は親藩松平氏や譜代大名が配置され、さらに西国の外様大名監視のために西国探題が設置された。

室町時代・安土桃山時代 [編集]

みつ

ミツバチは、花から得た蜜を巣に蓄えるが、蜜を得たとき体内で転化酵素(インベルターゼ)が加えられ分解される。そのため、スクロースを中心とした花の蜜は、巣の中で成分が次第に変化してゆく。ミツバチの巣はハチの代謝熱によって常に35℃前後に保たれ、なおかつ働き蜂の送風行動によって常に換気されているため、水分が蒸発し糖分が80%ほどになる。成分は、ブドウ糖、果糖のほか、イソマルトオリゴ糖[1]、グルコノラクトン、各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸などで、高い栄養価をもち、1gあたり12.307kJ(2.94kcal)の熱量がある。

蜂蜜は糖の過飽和溶液であり、低温で結晶化する。結晶化したほうがブドウ糖で、結晶化しない蜜の部分には果糖が多く含まれている。冷蔵庫はもちろん、冬期には室内でも固まってしまうことがある。湯煎をするなどして温めれば元の液状になり、品質上は全く問題はない。花粉などの不純物が多いと、結晶しやすくなる。「低温で固まれば純粋蜂蜜で、固まらなければ加糖蜂蜜」といわれることがあるが、純粋ハチミツでも不純物を濾過しているものは結晶しにくいため、この方法で見分けることはできない。また、蜂蜜はショ糖よりも体に吸収されやすい。これは蜂蜜が単糖類のブドウ糖と果糖から構成され、これ以上消化する必要がないからである[2]。

蜂蜜は保存性に優れ、ほぼ100%腐る事はないと言われている。エジプトでピラミッドの発掘をしていた米国の考古学者・T.M.デービスが約3300年前の粘性のある液体が入った瓶を発見。その香りから全く変質していない蜂蜜だとする誤解も記録されている[3]。当初蜂蜜だと考えられた粘性のある液体は、ミイラ製造に用いるナトロン(炭酸ナトリウム十水和物 Na2CO3·10 H2O)であった[4]。

蜂蜜の利用 [編集]

料理など [編集]

もっとも日常的に親しまれる利用法は食用である。パンやホットケーキに塗って食べるほか、リコッタなどの軽いチーズ、あるいはヨーグルトなどの乳製品に添えることがある。

砂糖の替わりに甘味料として、コーヒーや紅茶等の飲み物に用いる。蜂蜜の主成分である果糖は低温では甘味を感じやすいが、高温では感じにくくなる。暖かい飲み物に蜂蜜を使う場合は、量が多くなりがちなので注意が必要である。

紅茶にハチミツを入れると黒く変色してしまう。これは、紅茶に含まれるタンニンとハチミツに含まれる鉄分が結合し、タンニン鉄が生成されるためである。

照焼き、煮物などで甘味とともに色ツヤを良くするためにも使われる。そのほか、保存性の高さを利用した蜂蜜漬けなどがある。

あらすじ

主人公は若い考古学者のノルベルト・ハーノルトである。彼は早いうちから考古学の研究にのめりこんでおり、若い女性にも社交にも興味を示さず暮らしている。彼はある日、ナポリの美術館で、若い女性が裾を持ち上げながら歩く姿を象った古代のレリーフを見る。それは美術的にも考古学的にも高い価値のあるものではなかったが、ノルベルトは不思議と魅了され、そのレリーフの石膏複製を作ってもらい、またその像を「歩み行く女」を意味する「グラディーヴァ」と名づける。彼はとりわけその像の、右足のかかとをほとんど垂直に立てている特徴的な歩き方が気にかかり、街を歩く女性に同じ歩き方をしているものがいないか観察したりするようになる。

ある日、ノルベルトは向かい家のカナリアの鳴き声を聞いて南国への思いがかき立てられ、春先のイタリア旅行に出ることに決める。しかし美術館でも博物館でも、行く先々で新婚旅行中の卑俗な男女に出会ってうんざりした彼は、当初の意図に反してポンペイの古代遺跡へと向かう。既知の遺跡を回りながら自分の記憶力の確かさに喜んでいると、「メレアグロスの家」の遺跡で、彼は歩き方も容姿もまさに「グラディーヴァ」に生き写しの若い女性に出会う。ノルベルトは彼女に話しかけ、彼女がラテン語でもギリシャ語でもなく現代のドイツ語を喋り、また現代風の装いをしていることを不思議に思いながらも、彼女が古代からやってきたグラディーヴァなのだという強い思いを抱く。

翌日も2人は同じ遺跡の前で会い、前日よりも親しく話をし、彼女は自分の名前が「ツォーエ(「生命」の意味がある)」だと告げる。ノルベルトは彼女を2000年前の存在であるかのように扱うが、ツォーエはそれに対して絶えず曖昧でどっち付かずの態度を取る。その日、ノルベルトは立ち寄った宿で、抱き合いながら死に火山灰に埋もれていった若い男女の話を聞き不安を覚える。翌日も2人は同じ場所で会い、ノルベルトは話に聞いた男女がツォーエではないことを確かめるが、その際に彼女は彼がまだ教えていなかった彼の名を呼びかける。ノルベルトは驚くが、そこで遺跡の中でたびたび見かけていた新婚旅行中の男女がツォーエに親しげに話かけるという出来事が起る。今や彼は、自分がここ2日の間まったくの妄想に囚われていたのだと気付き、彼女がなぜか自分の名を知っていたことを訝りながらも、そそくさとその場を立ち去る。

気を取り直して考古学の研究に意識を向けるため、「ディオメデスの別荘」の遺跡を見学に来たノルベルトは、そこで再びツォーエに遭遇する。ノルベルトは警戒しつつ、どうして自分の名を知っていたのかを彼女に尋ね、そこでツォーエはすっかり種を明かす。彼女はノルベルトが考古学に打ち込むようになって以来すっかり忘れていた、向かいの家に住む幼なじみツォーエ・ベルトガング(ベルトガングは「グラディーヴァ」のドイツ語)だったのである。2人は互いの気持ちを打ち明けあい、その場で結婚することを決める。

整形外科

整形外科行ってきた。

ギプスしてもらった。

足痛い。

もののけ姫

もののけ姫観ました。

やっぱりジブリは良いですね。

靱帯切れてませんでした。

ねむい

ねむい、ねむいぜロータス。

今日実家に帰ります。

スキー

スキー行ってきました。

すごい楽しかったです。

九重スキー場です。

雨降りそう

今日あめふりそうです。

雨降らなきゃいいけど・・・。

でも明日降るよりか今日降ってくれたほうがいい。

おはようございます

今日も寒いですね

寒さに負けないようにがんばりましょう!

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM